2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

カテゴリ:癒し処 の記事リスト(エントリー順)

| |

風呂場が凄いよ 癒し処

 【10//2012】

年明け新規開拓第二段は森下駅徒歩5分ほどの癒し処さんです。

別のマッサージ屋さんのリンクを見たらアカスリをやっているので行ってみました。
アカスリって自分の知っている処は韓国人ばかりなので、母国語の日本語ですら使いこなせない、英語力も幼稚園児以下。というかイマドキの幼稚園児の方がよっぽど話せます(号泣)。 
となると意思の疎通って難しいと思いなかなか……。
それとそういう処って年下すぎるので苦手 というのもありなかなか行けません。

最寄駅から電話し、到着すると、小さめのビルの2F
自宅兼サロンという感じでしたが、案内された部屋意外にも部屋があるみたいで、居住スペースはそちらみたいですが、所々に生活感がありました。
自分は嫌いじゃないです。こういうの。

出迎えてくれたのは、HPの写真よりも経年しているな…という印象。
お世辞でもガチムチでは無いと思います。 ガチプヨ?
スジ筋好きな人はちょっと難しいかも…です。

服を脱いで軽くシャワーを浴びたらもう一つのバスルームのジャグジー風呂
聞いたらバルコニーを改造したのだそうだ。 
賃貸じゃここまで大掛かりな改造出来ないよね…… なんてちょっとイヤラシイ事を考えながら風呂に沈む。
シャワーを浴びている間に用意されていたお茶を飲みながら沈んでいました。
10分くらい沈んだところでアカスリ台に。
施術者は緩めのボクブリ姿。 三助スタイルというのでしょうか……?
ストーブでごんごんに暖めているのだけど、寒がりの自分にはちと肌寒い。
そこでアカスリ、洗体、塩揉み、と行われた。
じっくりたっぷり時間をかけて……
自分はすっかり凍えてしまいました……。
自分は冬に全裸になるマッサージはやはり向かないみたいです(号泣)。

↑が終ると再びジャグジーに沈んで身体を暖める。
正直寒がりな自分は、コレが無かったら確実に凍えて風邪ひいていました……。
低体温の寒がりなんで…ね。

身体が十分に温まったら、薄暗く明かりが灯るリビング(?)の施術台でマッサージ開始。
背面にオイルを付けてマッサージ
その時で場所が変わりましたが腰や肩にアンカを当てられたのはいいと思いました。
途中で抱き枕を抱き、足を90度くらい開いた状態に。
今更ながらこういう体勢だとなんとなくこっ恥ずかしいのは自分だけ??

その体勢で背後からいきなりタマ揉み!
最初はあっけなく終ってしまったので『やけにあっさりだねぇ』と思ったのですが
反対の体勢になった時も同じように揉まれたから、睾丸マッサージになるのかな?
四つんばいスタイルでケツ側から乳絞りされるように弄られるのが好きな自分にとっては
個人的にはもうちょっと揉まれたかったです。
そして仰向けになりましたが、その時何をやられたかイマイチ覚えていません。
レモングラスと思われる香りのアイピローを乗せられたのは覚えていますが
わりと仰向けでの施術が無くあっさり抜きになった気がします。

最近、抜き付きマッサに行き過ぎているせいか、だいたい抜きになる時って解るようになってきました。
だいたいの所は抜きになると身体にかけられていたタオルを外します。
ほぼそれが抜きの合図と考えていいのかもしれません。

そして肝心の抜きですが
やはり別名で亀頭責めマッサをやっているだけあって上手い!
未確認情報ですが、同一プロフで所在地の説明も一緒。更に亀頭責めの方だけは、こちらのリンクを張っていたのでほぼ間違いないと……。
10~15分くらい焦らしてもらいセルフ顔射してしまいました。
淫乱スイッチが入ってしまったので可能なら亀頭責めだけ追加したい気分でしたが、
施術代と帰りにスーパーで食料を買う小銭しか持ってきていなかったので断念。

自分が選択した Sコース は
入浴~アカスリ、洗体、塩揉み で約60分+α
マッサージ 約60分+α
抜き 10分+α といった感じでした。
リブングに小さい時計が置いてあったので、それからおおよそで逆算したものです。
多少の誤差はあれどちょっと長めにやってくれた感じでした。


 
自分にはちょっと寒かったけれど、明るいところで素っ裸でというシュチエーションが大好きなので
春から初夏にかけてリベンジかな。
オプションで亀頭責めを付けられるか聞いてみようと思っています。






※マッサージには相性があるので、あくまでも個人の主観です。
癒し処




※転載禁止
スポンサーサイト

Category: 癒し処

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る